上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くろねこ侍ただいま見参!

今日学校がないのにも関わらず早起きしてしまった俺です
やっと実感がわいてきました
もう卒業したんだな~、と

さて昨日風呂に入っていたとき
?「卒業したのかね」
俺「あ、あなたは!?」
?「私はお前の中のオフィスに住む猫島係長だ」
俺「イヤに現実的な設定ですね」
猫島「何を思い悩んでおるのかね?」
俺「いや、俺もう卒業したんだな~って。あんま実感わかないからさ」
猫島「まったく、いつまでも過去にとらわれおって・・・若いモンはもっと未来に目を向けるべきじゃ」
俺「俺の中のオフィスおっさんがいるのかよ!」
猫島「だが、お前にもできることがあるはずだ」
俺「猫島係長!それって・・・!」
猫島「うむ」
俺「・・・・・・・・」
猫島「・・・・・・・・・」
俺「・・・・のぼせた。もう出ていい?」
猫島「とんだムードブレイカーだな。もうちょっと気ィきかせんかい」
俺「はいはいうっさいですね。アンタがもったいぶるからだろ?で、俺が何をできるって?」
猫島「うむ、よく聞け!」

3年4組を題材とした小説を書くのだ!
俺「お前、天才じゃねー!?」

あい、バカな芝居に付き合ってくれてありがとうございます
どうしようか迷ってます
3年4組全員を描写するとなるといろいろ問題点があるんです
・手間がかかる
・かわいそうな人がでてくる
・いつまでも書き続けるとなるとその人の変化まで書けなくなる
まあこんなもんが主な問題点かな?
小説書くのは受験終わってからだけど
俺の中のオフィスで会議にかけてうまくいけば書きます
そういえば明日入試です
それではノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kuroneko1209.blog134.fc2.com/tb.php/248-96d98fb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。