上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くろねこ侍ただま見参!
じゃ、小説の続き


俺は地面に伏せたままため息をついた。
「大・・・丈夫・・・ですか?」
後ろから女の声がした。俺は声のした方に視線を向けた。
そこには、俺よりも年上っぽい大人びた雰囲気の女が立っていた。
「あ、いや・・・平気」
俺はそう言ったが、すぐに失敗だと気づく。
こんな格好で言ったって全然格好良くねぇ・・・。
女はにこやかにほほ笑んで、俺に手を差し伸べた。
俺は少し戸惑ったが、その手を握り、立ち上がった。
「あの・・・それ・・・」
女は小さな声でそう言い、俺の足元を指差した。
そこに視線を落とすと、白いブランド物のバッグが落ちていた。
「それ、あなたが取り返してくれたんですよね、ありがとうございます」
女は深々と頭を下げた。
俺は慌てて否定しようとしたが、うまく言葉が見つからず、とりあえず足元に落ちているバッグを拾い、女に渡した。

俺は、公園のベンチに腰掛け昔のことを思い出していた。
もうこれで何度目になるのかわからない。
俺は、生まれつき運命を見ることができた。簡単に言えば、予言だ。
両親がそのことを知っていたかは知らないが・・・。
俺は、一週間に一度くらいの頻度でフラッシュバックのように運命が見える。
ただし、見えてくる運命は必ずしも幸せなものとは限らない。
怪我をする運命、大切なものがなくなる運命、壊れる運命・・・。
でも、俺はそういった運命には逆らわないことにしている。あの日以来___
あの日、俺がまだ幼くちょうど物心がついた時だった。
俺は自分がボールを拾いに行き、車に轢かれる運命を見た。
それを恐れた俺は、家にあるすべてのボールに穴を開けた。
そのおかげで、俺は轢かれずにすんだ。
だが、代わりに俺の両親は二度と帰ってこなかった。
交通事故だったそうだ。
車同士の正面衝突で、相手の運転手も亡くなった。
俺はその時決めた。
もう、運命には逆らわないと・・・。
                        続く・・・・・・   
スポンサーサイト
くろねこ侍ただいま見参!

今日でテストも終わり、ブログの更新も再開!
てな訳で、今日からまたよろしくお願いしますm(_ _)m
じゃ、昨日言った通り小説書きます
めんどくさかったら読まなくていいよw


___黒っぽい服装をした30代後半の男、その手には白い色をしたブランドもののバッグを抱えており、全速力で走っている。しかし、その男は誰かと体をぶつけ、地面に倒れてしまった___
「あんた、大丈夫かね?」
気づくと、俺は近くを通りかかった老人に声をかけられた。
俺は地面に頭を付けるかと思うほど深く腰を折っていた
「すいません、大丈夫です」
俺は慌ててそう言うと急いでその場を去った。
また、『あれ』が見えた・・・。
俺は歩きながら両眼に手を押し当てた。が、すぐにその手をはがし、交差点を右に曲がった。
くそっ・・・・・・。
俺は苛立ち混じりに舌打ちした。
今、俺の目の前にある光景。それは、さっきフラッシュバックのように見えた光景とまったく同じものだった。
こういうの何て言うんだっけ?・・・そうだ、デジャブだ。
とういうことはそろそろ・・・。
「誰かあっ!その人を捕まえて!!」
俺の嫌な予感は的中した。 
甲高い女の声がし、俺はそっちを向こうと・・・する暇もなく、背中に鈍い衝撃と痛みが走った。
相当の力でぶつかってきたらしく、俺は勢いついて地面に倒れこんだ。
うわっ、かっこ悪・・・。
俺は顔だけを動かし、前を見ると、黒っぽい服装をした30代後半の男が、全速力で走っていくのが見えた。
                             続く・・・・


... 続きを読む
ほい、続き


僕は体の力が抜け、力無く床に膝をついた
そしてついに、僕の涙腺が緩み、
目尻から一筋の滴が流れ落ちた
「ちくしょう…」
馬鹿だな…俺は……
泣きたいのは彼女の方じゃないか…
「…………ごめんな……」
自然と口をついて出た言葉は、弱々しく頼りなく、情けないものだった

「謝る必要なんか無いわ」

「?」
僕は顔を上げた
僕の耳に届いた声は、僕のよく知っている声だったー…

三年後ー…
僕と彼女は結婚を果たし、幸せな家庭を築こうとしていた
僕は彼女を呼んだ
彼女は洗濯物を畳む手を止めて顔を上げた
「何でもない」
僕がにっこりと笑いかけると、彼女も笑った
彼女は五感を無くしている
それは今でも言えることだ

人には第六感というものがある

彼女は五感を無くしたせいか、この第六感が生まれたのだ
彼女がどういう風に感じているのかは分からないが
彼女は
視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚
それら全てを『感じる』ことで生きている
 
      ~fin~


今まで読んでくれた方
ありがとうございました!
俺、起承転結でいう、結が苦手なので
正直自信ありません…
ま、でも
楽しんでいただけたのなら良かったです
ほい、続きです


あの日以来、彼女の謎の症状は見られないらしい
らしい、というのは僕があの日以来、彼女に会っておらず
彼女の母親から聞いているからだ
もちろん、罪悪感はあった
しかし同時に、彼女に会う資格はあるのかという戸惑いもあった
僕は彼女のそばにいるべきなのか…?
僕は焦っていた
次、彼女は聴覚か視覚を失うことになる
もし、聴覚を失えば、僕は彼女にどんな顔をすればいいのかー…
もし、視覚を失えば、僕は彼女に何て声をかければいいのかー…
ふと、彼女の姿が思い浮かんだ
彼女が笑っている姿、彼女が少しむくれている姿、彼女が僕を呼ぶ姿
そして、彼女がすすり泣く姿ー…
僕は弾かれたように立ち上がった
違う!五感を無くしたらじゃない!
無くす前に僕に出来ることをするんだ!
………
彼女の病室前
最後にここに立ったのは、彼女が泣いていた時だ
僕は深呼吸してドアを開けた
僕は目を見開いたー…
神様、いや、運命は残酷だ
どこまで人を不幸にさせるのか…
「…嘘……だろ…?」
僕の目の前、
彼女は目を閉じ、補聴器を耳に付けてベッドに腰掛けていた
僕は頭が真っ白になり、思い切り叫んだ
彼女は視覚と聴覚を失っていた

 続く
昨日の続きです


僕は彼女に食事を運んだ
彼女は植物人間のように動けない訳ではない
だから栄養を送るチューブを使うことはなかった
しかし、味覚と触覚が無い彼女にとって、食事はまったく楽しい時間ではない
しかも、彼女の症状は原因不明という残酷な結果
彼女は食べ物を口に含み、嫌そうに眉を寄せながら完食した
僕はふと思った
一昨日、味覚が無くなり、昨日触覚が無くなった
だとすると今日はー…
「どうしたの?」
気づくと、彼女が僕の顔をのぞき込むように見ていた

その日の夜ー…
僕の携帯に電話がかかってきた
彼女の母親からで、ついさっき嗅覚が無くなったのが分かったらしい
僕は急いで病院へ向かった
病室へ入ると、彼女が笑ってるような、泣きそうな
どっちつかずな表情をしていた
僕は彼女の肩を掴んだ
「いつ気づいたんだ!?」
「ごめんね、実は今日の朝からー…」
どうしてそれを、という言葉を僕は呑み込んだ
一番辛いのは彼女なのに、今目の前で必死に笑顔を作ろうとしている
僕はそんな彼女を見たくなくて、病室から出た
後ろ手にドアを閉めると、
中から彼女のすすり泣く声が聞こえたー…
         

      続くー…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。